失敗した点以上に満足度の方が高いのが注文住宅の良いところです。

夢のマイホームを建てるとなれば、誰もが「こんな部屋にしたい!」とか、「せっかくだからこれも作ろうよ!」とか、家族それぞれの要望や希望を詰め込んだ家を作りたいと思うものですよね。我が家もそうでした。家族それぞれの意見を聞いて、間取りを考え、収納設備を考え、「これでパーフェクトの家だ!」と思って建てたものです。でも、いざマイホームが完成して実際に生活が始まると、「ここはもっとこうしておけばよかった!」と思う点が、案外多く出てくるものですね。

 

注文住宅の利点を生かし、作り付けのクローゼットは各部屋に設けて収納力は十分だと思っていたのですが、洋服の収納には困らないものの、季節の家電など大きめの用具を収納できるスペースがないことに家を建てた後に気づきました。仕方なく各部屋のクローゼットの中に押し込んだりして収納していますが、「どこに何を仕舞ったっけ?」となって、いざ必要となった時に探さなければいけないなんて事態になってしまいがちです。もしも一か所にまとめて収納できるスペースを作っておけば、全部そこに押し込んでおけばいいわけで、探す手間も省けて便利だったろうなと後悔しました。

 


出典:ローコスト住宅

 

もちろん、注文住宅だったからこその成功例もあります。それは一階と二階それぞれにトイレを作ったことです。我が家が五人家族だったということもありますが、案外夫婦二人の時でも同時にトイレを使うことって結構あって、そんな時はホントにトイレが二つあることに感謝します。来客時も家族とは別々に利用できるので、お客様も家族もお互いに気兼ねすることがなくてホント便利ですよ。単純にトイレ掃除は二倍になりますが、それ以上に作る価値はあると思います。例え少人数家族でも私はおススメしたいですね。

 

結婚したときに買った婚礼ダンスやドレッサーはかなり幅を取るものでしたが、きちんとサイズを測ってピッタリ収まるサイズに寝室を作りましたし、主婦としてこだわった対面式キッチンにも出来ました。失敗したなと思ったところもありますが、それ以上に満足度が高いのが注文住宅の良いところだと思います。

断熱機能などが悪いと思っています

25年ほど前に、親戚の勤めている地元の工務店で、住宅を購入しました。多少、安く購入できたので、その点では助かりました。しかし、住んでいる間に、いろいろな不満が出てきたことも確かでした。

 

特に、不満に思っているのは、断熱機能が悪いという点です。まず、夏はとても暑くなります。窓のある方向が、まさに南を向いています。そのため、直射日光がそのまま入ってくるのです。そんなことから、夏のエアコンは欠かせないのです。ただ、エアコンばかりにあたっていては、身体に悪いと考えています。そして、一昨年の夏にはすだれを購入したのでした。これによって、少しは暑さを和らげることができると思っています。

 

参考:注文住宅相場(https://xn--pqqs0t0wc06n3ijy9o.xyz/

 

その反対に、冬になると、やはり、寒さがこたえます。これもまた、断熱機能が悪いためだと思っています。そして、春先が寒かったりすると、4月になっても、暖房を使うことになってしまいます。陽当たりが良いので、昼間は何とか寒さをしのげますが、朝晩の寒さは堪えるのです。

 

さて、その他にも、いろいろと不満な点は出てきました。たとえば、クローゼットについてですが、上手に活用できません。中に衣装ケースなどを入れて使っているのですが、最初から、棚などをつければよかったと思っています。そうすれば、整理整頓もしやすいと思うのです。

 

そして、玄関のドアですが、これが意外にも汚れやすいのです。そして、高さもあるので、掃除をしづらいのです。汚れやすい材質もあると思います。こういったことも考えて、選択すればよかったと思うのです。また、室内の壁についても不満があります。湿気がこもりやすいためか、とにかくカビなどが発生しやすいです。そして、黒くなっている部分もあります。わたしも夫も、花粉やハウスダストなどには敏感です。そんなことから、室内に発生するカビというものは、何とかしたいのです。また、健康にも良くないと考えています。

 

購入する際には、価格のことを心配しましたが、長い目で見ると、快適さも重要なポイントだと思っています。